格安の結婚式でも幸せは一緒|費用をかけずに挙げるコツ

ウェディング

ウエディングの入り口に

新郎新婦のイラスト

招待客を出迎えるために

結婚式で招待客を出迎えるために必要なのが、ウェルカムボードだ。ウェルカムボードは、どんなテイストの結婚式かというものを象徴する。内容としては、似顔絵、手作り、写真を使用したものが多いだろうか。まず、似顔絵のウェルカムボードを選ぶならば、どんなテイストの絵がよいかで似顔絵師を選ぶことになるだろう。リアルなもの、水彩画風のもの、面白いものなど多岐にわたる。インターネットで注文もできるが、人気の絵師であれば費用は掛かるだろう。費用を安く抑えるなら、手作りするのが一番だ。作る自信がないという人は、ウェルカムボードのキットを買うのがよいだろう。造花を効果的に組み合わせた、立体的かつ華やかなウェルカムボードが人気だ。板に2人のイニシャル、造花、この組み合わせで十分、見栄えするウェルカムボードを作ることができる。手芸の得意な人は、刺繍で作ったりもするようだ。記念に残る上、布は保管場所も取らないので、誰かにプレゼントしてもいいだろう。キットを自分で作る時間はないけど、手作りのものを用意したいという人は、インターネットで外注するのもよい。ハンドメイド作品のフリマアプリなどもあるので、好きな作家さんに頼むとよいだろう。最後に、写真のものについて。写真を撮るという時点である程度の費用は必要である。元々前撮りを予定しているという人なら、ついでにウェルカムボードもできて一石二鳥だ。どんなウェルカムボードを選ぶにしても、基本的に結婚式直前までにウェルカムボードを用意し、持ち込むという流れが一般的だ。小さいと目立たなくて、せっかく用意しても結婚式の招待客に気付いてもらえないことがあるので、ウェルカムボードは大きい方がいいといえる。